サイトメニュー

いぼの手術方法

女性

レーザー治療について

いぼを手術する方法のレーザー治療を紹介していきます。いぼの種類によって切除する範囲が違うのが特徴で、原因がウイルス性のいぼでは、再発するリスクを避けるためいぼの根本まで切除しますが、そうでないいぼの場合は、飛び出ている部分だけを切除します。レーザー治療は美容皮膚科か美容外科で施術可能で、どのタイプのいぼの治療もできます。この場合は、いぼの大きさによって費用が変わりますのでしっかり調べておきましょう。また、治療にはレーザーを使って行います。必要以上に傷つけることもなく、安心です。レーザー治療は医師の技術がものをいう施術ですので、実績がある医師を選びましょう。レーザー治療は、炭酸ガスレーザーというものを使います。この炭酸ガスレーザーは他の電気メスなどの治療に比べて、痛みが少ない施術です。痛みに弱いという人は最初に相談しておけば、麻酔クリームを使うこともできます。また、レーザー治療は出血が少ない治療です。1度の治療で完治してしまうことも少なくないですよ。また、皮膚を焼き切ったことで、一時的に皮膚がへこんでしまうことがありますが、すぐに目立たなくなるので心配いりません。しかし、保険診療ではないので、費用は医院によって違うことや、レーザー治療ができる医院も限られているということを知っておきましょう。

いぼができやすい部位

身体の部位によっていぼができやすいところがあります。特にウイルス性ではないいぼは、首や顔にできることが多いです。いぼの原因である紫外線が当たりやすい部位であるということが原因で、アクロコルドンやスキンタッグという名前です。一方、ウイルス性のいぼは皮膚が薄い場所にできやすいと言われています。肌の免疫が皮膚が薄いほど、弱いからです。ウイルス性のいぼの場合は、見た目が良くないというだけではなく、他の部位に拡散して増えてしまう可能性もあります。ですので、違和感があれば早めに受診しましょう。そうすることで、感染を防ぐことができます。いぼができやすい部位に違和感を感じたり、膨らんでいたりする時には注意が必要です。美容外科や美容皮膚科なら、いぼの治療も可能ですし、様々な治療の選択肢の中から選ぶ事ができますので、おすすめですよ。いい美容外科や美容皮膚科が分からない場合は、インターネットで口コミをチェックしたり、周りの人の評判を聞いてみたりしましょう。

Copyright© 2019 見た目が気になる問題を解決!初めてのいぼ治療マニュアル! All Rights Reserved.