サイトメニュー

その他の治療方法

女性

いぼの治療方法はレーザー治療だけではありません。今回は、レーザー治療以外のいぼの治療方法を見ていきましょう。まず、切除手術です。大きないぼは、レーザー治療が出来ないので、切除する必要があります。また、治りにくい部位にも切除手術をしています。メスを使って切り抜く方法で、一番のメリットは、一度で治療が終わることです。ウイルス性のいぼは感染性があるので、一度に治療して、再発を防ぐことを考えるとリスクが少ないのが特徴で、この治療の場合は保険適用になるというのも、切除手術のメリットです。そのため、費用もレーザー治療に比べると少なくなります。また、メスによる手術は、医師による技術の差が少ないので、比較的お度の医院でも安心して受けることができます。しかし、デメリットもあります。デメリットはメスを使う治療になるので、痛みや出血は免れないこと、傷跡が残る可能性もあるということです。ですので、手術後は何度か医院に通う必要があります。目立ちにくい部位は切除手術を使うのもおすすめですよ。2つ目の治療方法は、液体窒素での治療です。いぼの治療としては一般的なものとイメージする方も多いのではないでしょうか?-196度という非常に低温の液体窒素で、いぼを壊死させて除去する方法です。一般的なイメージがあるのにも関わらず、特別な許可がなければ出来ない方法です。他の病気にも使用される方法なので、外科がある医療機関であれば施術可能です。メリットとしては、症例数が多く、確実にいぼをなくすことができるという安心感です。また、保険診療が可能であるというのも、いいですよね。しかし、デメリットとして、低温やけどを起こして、いぼを壊死させるので、痛みが強いということです。痛みに弱い人は事前に相談しておきましょう。また、メスを使った治療がいいけれど、お金をあまりかけられないという人は利用価値があるでしょう。

Copyright© 2019 見た目が気になる問題を解決!初めてのいぼ治療マニュアル! All Rights Reserved.