サイトメニュー

いぼの種類

カウンセリング

いぼの治療を検討する際に自分のいぼがどんないぼなのか知っておく必要があります。いぼの種類は大きく4種類あります。まずは、老人性いぼです。老人性いぼと呼ばれている名前どおり基本的には、加齢と共にできるものですが、若い人でもできることがあります。老人性いぼの別名は脂漏性角化症と呼ばれており、洋服などの摩擦や紫外線が原因です。出来た当初は小さくても段々と大きくなり、数が増える事もあります。身体の至るところに出来てしまい、また、顔や首にもできやすいことから、治療したいという人は多いです。大きいものから小さいもの、平らなものや盛り上がっているものなど、様々なものがあるので、見つけたら受診することをおすすめします。老人性いぼは、紫外線の影響でできることが知られてます。そのため、老人性いぼを予防するためには、紫外線予防に努めたり、スキンケアを欠かさない事が重要です。また、基本的な生活習慣をしっかりすることが重要です。老人性いぼの場合は、美容皮膚科や美容外科で治療してもらうことができます。相談してみましょう。2つ目の種類として、顔のいぼがあります。顔のいぼは正式には尋常性疣贅と青年性扁平疣贅とよばれるものがあります。前述した老人性いぼとは違い、ウイルスに感染することでできるのが特徴で、若い女性が感染しやすいいぼです。見た目はニキビと間違ってしまうことが多く、老人性いぼとは見た目がかなり違います。小さく、自然に消えることも多いのですが、再発することもありますので、気付いたら早めに受診しましょう。このようないぼが出来てしまうのは、元々あった傷からウイルスが侵入してしまうからです。これらのいぼを防ぐ為には、まずは傷ができないように気をつけることと、傷が出来てしまった時には、肌を清潔に保ち感染を防ぐようにしましょう。3つ目の種類は、足裏のいぼです。足裏のいぼというと、タコや魚の目を思い浮かべるかもしれませんが、いぼとこれらは違います。摩擦などでできるタコや魚の目に比べて、いぼはウイルス性であるのが特徴です。そのため、悪化させてしまうと痛みで歩けなくなることもあるので、早めに受診することが重要です。4つ目は、首のいぼです。首のいぼは、いつの間にかできていることが多く、実際にある人もおおいいぼです。このいぼの原因は、肌の老化によるものですので、老人性いぼと同じくスキンケアや紫外線対策をしっかりしましょう。病気ではないので、気にならなければ受診の必要はありませんが、治療したい人はレーザー治療を行いましょう。レーザー治療は美容皮膚科や美容外科で行うことができます。

Copyright© 2019 見た目が気になる問題を解決!初めてのいぼ治療マニュアル! All Rights Reserved.